2009年02月09日

■ 小物玩具事情 〜其の2〜

■ 小物玩具事情 〜其の2〜

--- MADE IN CHINA はいつ頃から?---


  
  皆さん、今でも「たまごっち」何処かにしまってありますか?
  
  「たまごっち」の裏をご覧ください。

  made in china と入っていますよ。

  あの当時からすでにメーカーのおもちゃもほとんど中国製だったのが窺い知れます。

  その当時、小物玩具は中国製より、香港製が多かったように思います。

  今は中国が世界の工場になっていますが、何年か後にはベトナムやインドが台頭

  してくるのでしょうかね。

  安い中国製を輸入する様になって、日本のメーカーは殆ど影を潜め、

  今残っている日本の小物玩具メーカーは、
 
  だいたい下記の様な商品類の一部のみかも知れません。 


紙風船
ゴムフーセン
木ごまやケン玉等の木製の懐かし玩具
まきとり
シャボン玉
ヒコーキ
ボール
カード、シール、トランプ等の紙製品
ヨーヨー関連

ビー玉
スーパーボール
お面
ビーズ
鉄砲

   ________________________________________

 「おもちゃ」とそれを入れるパッケージや袋を中国で作って日本に輸入し、

  日本でそのパッケージや袋に「おもちゃ」を入れる加工をして仕上げると、

  MADE IN JAPAN になるそうです。

  但し、小物玩具の場合そもそもすごく安い商品ですので、

  その手間代の方が高くついてしまい、

  中国でおもちゃを安く作る意味が

  なくなってしまうそうです。

 (複数の輸入会社間の価格競争もありますし・・)



  なんか、遠いインド洋で獲れた魚を日本の何処かの漁港に水揚げすると、

  その漁港の産地になる、のと似てますね。

  ________________________________________
posted by あたろう at 18:32| Comment(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。